初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

下り坂を安全に走るためのポイント

下り坂

制御できないスピードで走るのはとても危険です。特に、対向車線にはみ出すと車とぶつかる可能性もあります。少しずつスピードに慣れればよいので、まずは、自分がコントロールできるスピードを確認して走ることが大切です。

下りでは、重力で前輪に体重がのってしまうので、できるだけ車体全体に均等に体重がかかるように、サドルの後方に座り、重心を低くし空気抵抗を少なくします。サドル後方に座ることで、車体全体での接地圧力が増し、重心をひくくすることで、車体が安定します。

下り坂のカーブでは、カーブ途中でできるだけブレーキをかけなくてもすむように、カーブの前で減速します。視線もあまり近くではなく、自分の進行方向を見るようにします。

スピードを落とさずにカーブに突入して、カーブ中にブレーキをかけると、重力で前輪側に体重がのってしまい、後輪が浮いてしまいスリップの原因になってしまいます。簡単にいうと、ジャックナイフの状態でカーブを曲がるのと同じで、前輪だけで自転車を制御することになるので危険です。

ブレーキをかけるときは、前ブレーキだけ強くかけると前輪がロックしてしまうので、ブレーキは後ろからかけ、つづいて前ブレーキをかけます。

スピードが増すと路面からの振動が増すため、ひざで吸収し、ハンドルから伝わる振動は、ひじで吸収します。