シマノRC1、RC3、RC5、RC7、RC9の違いを解説:ビンディングシューズの違いを徹底比較

シマノのSPD-SLシューズには「RC1」「RC3」「RC5」「RC7」「RC9」があり、RCの後に続く数字が大きくなるほど、性能がよくなり価格も高くなります。

プラライダーのレビューを読んでも、実際に自分が履いてみないとシューズの機能は分かりにくいと思います。

そこで、この記事では「素材」や「テクノロジー」などの説明を追加して、シューズの違いが分かるようにしています。

目次

シマノのRC1、RC3、RC5、RC7、RC9の違い

性能一覧比較

シマノのRC1、RC3、RC5、RC7、RC9の違いを一覧にすると下記のようになります。

RC1 RC3 RC5 RC7 RC9
価格(目安) 約1万円 約1.3~1.5万円 約1.5~1.7万円 約2.2~2.5万円 約3.2~3.5万円
ラストタイプ シマノ ダイナラスト シマノ ダイナラスト シマノ ダイナラスト シマノ ダイナラスト シマノ ダイナラスト
剛性指数 6 6 8 10 12
最適なペダル PD-R550, PD-RS500 PD-R550, PD-RS500 PD-R7000 PD-R8000 PD-R9100
幅広いクリート調整
シームレスミッドソール構造
サラウンドラップアッパー
ヒールスタビライザー 〇(ねじれ防止)
ホローチャネル
Silvadur®
クロージャー ストラップ 3本 BOA(L6)1個 BOA(L6)1個、シングルストラップ BOA(L6)2個、パワーゾーンガイド BOA(Li2)2個
アッパー素材 合成皮革 合成皮革 シンセティックレザー+メッシュ シンセティックレザー+メッシュ マイクロファイバー シンセティックレザー + メッシュ
ミッドソール素材 ラスティングボード グラスファイバーで補強されたナイロン カーボンファイバー強化ナイロン カーボンファイバー コンポジット カーボンファイバー コンポジット
アウトソール素材 グラスファイバーで補強されたナイロン TPU(カバー) TPU(カバー) TPU(カバー) TPU(カバー)
標準インソール フラットインソール カップインソール カップインソール ライダーの足にフィットするカップインソール 高密度のカップインソールと順応性の高いアーチパッド
男性用の実際の重量(サイズ:42) 238 g 243 g 241 g 255 g 225 g

シマノSPD-SLシューズで使われているテクノロジー

1)ラストタイプ(足底の形状)

シマノビンディングシューズのラストタイプ

出典:SHIMANO

「ラストタイプ」とは、足底の形状のことです。

シマノのビンディングシューズでは、「SHIMANO DYNALAST(シマノ ダイナラスト)」という技術を使ってシューズ底面の形状を最適化することで、スムーズで高効率なペダリングができるようにしています。

SHIMANO DYNALAST(シマノ ダイナラスト)の特長

出典:SHIMANO

サイクリングシューズのトースプリング部 (反り) は、効率的なペダリングを支える重要な役割を果たします。トースプリングが高すぎると、足底、ふくらはぎ、そして太腿の張力が高まります。また、低すぎると両膝が離れ、効率の低いペダリングフォームになってしまいます。(中略)プロのライダーからのフィードバックに基づいて作られたSHIMANO DYNALASTを使えば、長時間のライディングでエネルギーロスを抑え、最後の直線でスパートできるだけのエネルギーを蓄えておくことができます。
参考:SHIMANO

2)剛性指数

「剛性指数」は、アウトソール(靴の裏側にあるパーツ)の硬さを示したものです。数値が大きいほど、硬くなります。

パワー伝達が効率いいのは、硬いシューズです。

3)幅広いクリート調整

シマノビンディングシューズの幅広いクリート調整

出典:SHIMANO

クリートの位置を調整しても、しっかりパワーが伝わるようにアウトソールが設計されています。

※ビンディングシューズの「クリートをねじで止める位置」は固定なので、ねじの位置を調整できるという意味ではないです。

4)シームレスミッドソール構造

シマノビンディングシューズのシームレスミッドソール構造

出典:SHIMANO

アッパーから足裏までをシームレスに包み込むような構造になっています。

また、靴底のスタックハイト(靴底の高さ)を低くすることで、ペダリングストロークを安定させ、パワー伝達効率をよくしています。

5)サラウンドラップアッパー

シマノビンディングシューズのサラウンドラップアッパー

出典:SHIMANO

素材が重なり合う部分を解消し、足全体を縫い目のないレザーで包むことで、シューズと足の間の隙間を減らしてフィット感を向上させています。

6)ヒールスタビライザー

シマノビンディングシューズのヒールスタビライザー

出典:SHIMANO

スタビライザーとは、英語の「stabilizer」からきている言葉で、直訳すると「安定させる人やもの」という意味で使われます。

ヒールスタビライザーとは、足首のブレを減らして、パワー伝達効率をあげるための「かかとを安定させる構造」のことです。

RC9には、ねじれ防止のスタビライザーが内側に入っており、加速した時に起きる足のねじれを防止できます。

7)ホローチャネル

シマノビンディングシューズのホローチャネル

出典:SHIMANO

「ホローチャネル」とは、通気性をよくするための手段のことです。

足がむれないように、クリートの取り付け位置の前部に通気孔を設けて、シューズ内に空気を送り込んでいます。

また、シューズの底には排水口により、雨の日のライディングでたまってしまう水を排出できます。

8)Silvadur®

「Silvadur®」は、銀とポリマーを組み合わせた、高い抗菌効果を長期間維持できる抗菌技術のこと。

9)クロージャー

シマノビンディングシューズのクロージャ―

出典:SHIMANO

「クロージャー」は、シューズを締めつけるための仕組みで、ストラップ(マジックテープ)とBOAがあります。

以前はラチェットタイプが使われていましたが、現在はワイヤーを使った「BOA」が主流です。

シマノでは「L6」と「Li2」があり、使っている個数も違います。

「L6」 ・耐衝撃性にすぐれている
「Li2」 ・耐衝撃性が向上
・ダイヤル部分も薄い
・「締め付け」と「緩める」の両方ができる

10)アッパー素材

アッパーとは、足の甲にあたる部分のことです。

レザーやメッシュを使うことで、通気性をよくし、足をドライに保つことができます。

11)ミッドソール素材

ミッドソールは靴底の一つで、地面に直接接地するアウトソールより上にあり、足裏を支える中間パーツのことです。

素材にカーボンを使うことで軽量化でき、剛性を高めることができます。

12)アウトソール素材

アウトソールは、直接地面に接地する部分のことです。

「TPU」とは、熱可塑性ポリウレタン(Thermoplastic Polyurethane)の略で、強度・弾性・耐摩耗性・耐屈曲性・耐油性に優れています。

13)標準インソール

シマノビンディングシューズのインソール

出典:SHIMANO

インソールは、シューズに使われる中敷きのことです。

カップインソールには、かかとの丸みに合わせたヒールカップや、土踏まずのアーチをサポートする仕組みがあります。

シマノのSPD-SLの選び方

ライディングスタイルから選ぶ

下記の順でビンディングシューズを選びましょう。

  • 1)ライディングスタイル
  • 2)サイズの確認

1)ライディングスタイル

まずは、ライディングスタイルに合わせて検討しましょう。

初心者でも、足をしっかり固定してパワー伝達ができるBOAシューズ「RC3」以上がおすすめです。ストラップよりもBOAの方がしっかり足を固定できます。

BOAの中でも、ホビーレースに参加予定なら「RC5」以上、ガチレースに出場するなら「RC7」以上にしておくと、買い替えなくてすみます。

2)サイズの確認

サイズの確認は、できるだけ現物を履いてみた方がいいです。

サイズが小さいと足が痛くなってしまい、大きすぎてもパワー伝達効率が悪くなります。

最適なサイズを確認したうえで、ネットで購入するのがオススメです。

シマノ RC3

BOA® L6ダイヤルをシューズのセンターに配置した、新しいクロージャーシステムを搭載しており、調整しやすく、フィット感、安定性、パフォーマンスも向上しています。

サラウンドラップ構造のアッパーにより、足とシューズがぴったりフィットし、スタックハイトの低いミッドソールで足元の安定性がアップ。合成皮革にパーフォレーションを施したコンポジットアッパーにより通気性がよくなっています。

created by Rinker
¥13,730 (2024/07/18 20:49:28時点 楽天市場調べ-詳細)

シマノ RC5

サラウンドラップ構造のアッパーにより、オーバーラップを減らし、ぴったりとしたフィット感を実現しており、快適なミッドソールとアッパーの一体化設計により安定性とパフォーマンスが向上しています。

BOA®L6ダイヤルが、どんな足の形状でも素早く快適に固定。カーボンファイバーがミッドソールを補強し、スタックハイトが低いミッドソールで足元を安定させ、ワー伝達効率を高めています。

created by Rinker
¥18,480 (2024/07/18 20:49:28時点 楽天市場調べ-詳細)

シマノ RC7

S-PHYRE(プロライダー向けに設計されたテクノロジー)を受け継いだロードコンペティションレベルシューズ。高密度シンセティックレザーと軽量メッシュ/TPUの組合せで、フィット感と快適性がアップしています。

高剛性のホローカーボンミッドソールを採用したことで、シューズ中に空気の取り入れができ、たまった水の排出も可能です。独立した2つのBOA®L6ダイヤルで、締め付け具合を素早く微調整できます。

created by Rinker
¥23,067 (2024/07/18 20:49:28時点 楽天市場調べ-詳細)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代でトライアスロンをはじめ、2時間30分切りを達成。愛車はCervelo。のんびり楽しく走るがモットー。たまに上りたくなる。

目次