初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

自転車にパワーが伝わっているか、セッティングチェック

教科書的セッティング

自転車に乗る時は、必ず自分の体にあうようセッティングする必要があります。セッティングなしに乗っていると、どこかに痛みが出たり、せっかくのパワーを自転車に伝えきれずに、パワーロスが発生してしまいます。

まずは、基本中の基本、教科書的なセッティングをして試してみましょう。その後、自分体に合わせて微調整して、一番しっくりくるセッティングを探していくと手間を省くことができます。

たとえば、股下が75cmの人は、下記に示すセッティング[No.1]で合わせてみましょう。

股下寸法の測定方法は、自転車に乗った時と同じくらいに脚を開き、本を股の下に挟んで、地面から本(本の一番上、股にあたる部分)までの長さをできるだけ正確に測定しましょう。股下寸法はサドル高に影響し、サドル高の設定はセッティングの中で一番重要といっても過言ではなく、設定ミスは大きなパワーロスになります。

股下の長さから各自転車のセッティングは下記のように分類できます。まずは、これで基本的なセッティングをしましょう。
※各セッティングの名称の場所については、下の画像を参考にしてください。

股下の長さを元にした基本的なセッティング

セッティング 股下寸法 サドル高 サドル後退幅 サドル-ハンドル間距離 サドル-ハンドル高低差
(レース仕様)
サドル-ハンドル高低差
(ロングライド仕様)
No.1 74-77 65-68 4.5-5.5 47.5-49.5 5-6 4-5
No.2 78-81 68-72 5.5-6.2 50-53 6-7 5-6
No.3 82-85 72-75 6.5-7.2 54-56 7-8 6-7
No.4 86-89 75-79 7-8 56.5-59 8-9 7-8
No.5 90-92 79-81 8-8.7 60-61.5 9-10 8-9

※サイズはcm

各セッティング部位の用語

各セッティング用語

サドル高 股下寸法を測定して割り出します。股下に厚みのある本などを挟んで正確に測り、そこから割り出しましょう。
サドル-ハンドル高低差 [地面からサドルの高さ-地面からハンドルの高さ]で割り出します。
サドル-ハンドル間距離 サドルの先頭からハンドルの中心までの長さ。
サドル後退幅 ドロップハンドルの下を握った状態で、膝と肘がくっつくかくっつかないかの位置に合わせる。