初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

耐乳酸値の向上

乳酸は、運動のエネルギーとして糖質が使われる時に作られる物質で、血液中に多くが蓄積されれば、筋肉の動きを阻害します。
運動強度が低い場合は、クエン酸回路(TCA回路)という働きで、乳酸が分解されますが、運動強度が高くなると、この機能では、乳酸の分解が追い付かなくなります。
乳酸が分解できずに増えだす境界線(または、乳酸が分解できる最大値)を「LT値」といいます。
このLT値は鍛えることで、耐乳酸値を向上させることができます。
LT値近辺でトレーニングを行う事で、LT値向上ができると言われています。