自転車に乗る人全員がヘルメット着用「努力義務」:2023年4月1日から

2023年4月1日から自転車に乗る際のヘルメット着用が、全ての年齢の人を対象に「努力義務」になりました。

楽天市場お買い物マラソン開催中!買い回りに便利なショップ
Be.Bike自転車のQBEIサイクルロードワールドサイクルアリスサイクル自転車館びーくる
5/23(木)20時~5/27(月)1時59分まで

目次

自転車事故の損傷部位トップは頭部

警察庁の「自転車関連事故に係る分析(2019/4/25)」によると、自転車に乗っている時の「死者・負傷者の体の損傷部位」は、「頭部」が圧倒的に多いという結果になっています。

出典:自転車関連事故に係る分析(警察庁交通局)

また、自転車に乗っていて亡くなった人の損傷部位のトップも頭部です。ただし、ヘルメットを着用している人としていない人では、死亡者の割合が違います。

※努力義務前の資料なので、絶対数も大きく違います。

出典:自転車関連事故に係る分析(警察庁交通局)

ヘルメットの着用状況別の致死率でみると、着用していない場合の死亡率は着用している時の2.5倍も多くなっています。

出典:自転車関連事故に係る分析(警察庁交通局)

この資料を見る限り、ヘルメットをしていても頭部の損傷がトップとなっているので、着用した方がよいのは言うまでもなさそうです。

まとめ

ヘルメット着用は「努力義務」のため、着用しなくても罰則があるわけではありません。

ただし、どんなに自分が気を付けていても、もらい事故にあう可能性があります。そういう時に備えて着用していた方が安全だと思います。

また、自転車損害賠償保険等への加入も検討しておくといいです。

東京都では2020年4月から自転車損害賠償保険等への加入が義務づけています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代でトライアスロンをはじめ、2時間30分切りを達成。愛車はCervelo。のんびり楽しく走るがモットー。たまに上りたくなる。

目次