初心者におすすめのロードバイクメーカー「ビアンキ」について詳しく紹介

初心者にとって、どのロードバイクにしようかという悩みは、ロードバイクが高価なだけになかなかすぐに解決できません。

ロードバイクをこれから購入しようと考えている人のために、ビアンキ(Bianchi)のロードバイクについて説明します。

ビアンキが、どのようなロードバイクなのか、まずは知ることからはじめて、購入時の参考にしてください。

初心者におすすめのロードバイクメーカー、ビアンキについて

ビアンキは、130年以上の歴史のあるイタリアの老舗ブランドです。1885年、エドアルド・ビアンキがミラノにビアンキ1号店をオープンしました。

イタリアスポーツ界の伝説的英雄「ファウスト・コッピ」のジロ・デ・イタリアや、ツール・ド・フランスなどの優勝時に、ビアンキのロードバイクが使われています。

2009年には東京にBianchi Concept Storeがオープンしています。

2020年、ビアンキはUCIワールドチーム「チーム・ユンボ・ヴィスマ」にバイクを提供しています。

ビアンキのロードバイクの特徴

ビアンキは、「Countervail®(カウンターヴェイル)」(特許取得品)という、振動を除去する革新的な素材を開発しました。

この素材を使ったCVシステムは、独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持ち、フレームとフォークの剛性と強度を向上させながら、最大80%の振動を除去することができるとしています。

他にも、カーボン素材にケブラー(芳香族ポリアミド系樹脂)を挿入することで、路面からの振動を吸収し、路面との接地感を向上させる「KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE」(K-VID)という技術ももっています。

また、ビアンキのロードバイクには、「チェレステカラー」という鮮やかな水色の塗装がフレームに使われていて、見た目がとてもオシャレなのも特徴の一つです。

ビアンキロードバイクのモデルについて簡単に説明しておきます。

「SPECIALISSIMA(スペシャリッシマ)」

130周年を記念して、ビアンキのテクノロジーを結集して開発した、フレーム重量780gの超軽量・ハイエンドなクライミングバイクです。

フォークとフレームに「Countervail®(カウンターヴェイル)」を搭載しています。

「OLTRE」

「Countervail®(カウンターヴェイル)」をフォークとフレームに搭載した、ビアンキのフラグシップ・エアロロードバイクです。

「ARIA」

Aquila CVとOltreXR4の開発で得た、CFD解析データと風洞実験データをもとに開発されたカーボンエアロロードです。
※Aquila CVはビアンキのタイムトライアルバイクです。

「SPRINT」

1970年代に活躍したオリジナルのフレームをベースにした、ベンチマークモデルのカーボンロードです。
※ベンチマークモデルとは、目標とすべき完成度の高い自転車という意味。

「INFINITO CV」

「Countervail®(カウンターヴェイル)」を採用したエンデュランスモデルのカーボンロードです。

INFINITO XEも同様に長距離用のカーボンロードですが、フレームは「Countervail®(カウンターヴェイル)」非搭載となっています。

「INTENSO」

衝撃を受けるフロントフォークに「K-VIDテクノロジー」を採用したエンデュランスモデルのカーボンロードです。

「VIA NIRONE 7」

フォークに「K-VIDテクノロジー」を採用したエンデュランスモデルのアルミロードです。

「IMPLUSO」

マウンテン、レース、シクロクロス、トレッキングにも使えるオールラウンドのアルミロードです。

「ORSO」

マウンテン、レース、シクロクロス、トレッキングにも使えるオールラウンドのクロモリロードです。

初心者におすすめのビアンキのロードバイクは?

初心者におすすめのロードバイクは価格と性能から考えると「INTENSO」です。

ビアンキの「Countervail®(カウンターヴェイル)」のロードに乗りたいなら「OLTRE XR3」がエントリーしやすい価格です(最低30万以上ですが)。

初心者におすすめのビアンキのロードバイクの装備と価格

ビアンキのロードバイクを、初心者でも購入しやすい価格帯でピックアップして紹介します。価格は全てメーカー小売価格です。

旧モデルは、新モデルが出ると比較的安く購入することができます。予算をあまりとれない場合は、旧モデルも検討にいれましょう。

「INTENSO」

衝撃を受けるフロントフォークに「K-VIDテクノロジー」を採用したエンデュランスモデルのカーボンロードです。
¥218,000(税抜)

SIZE 44,47,50,53,55,57cm
WEIGHT
FRAME Carbon
FORK Carbon with Kevlar 1.1/8″-1.5″
DRIVETRAIN Shimano 105
CRANK SET Shimano FC-RS510 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
BRAKES Shimano BR-R561
TIRE Vittoria Zaffiro Pro Slick 700x25C
SPEED 11 speed
OTHER ペダルなし
COLORS CK16/Black Full Glossy, Black/Graph-CK16 Full Matt

「VIA NIRONE 7」

フォークに「K-VIDテクノロジー」を採用したエンデュランスモデルのアルミロードです。
¥158,000(税抜)

SIZE 44,47,50,53,55,57cm
WEIGHT
FRAME Alloy
FORK Carbon with Kevlar 1.1/8″
DRIVETRAIN Shimano 105
CRANK SET Shimano FC-RS510 50/34T 165/165/165/170/170/170/172.5mm
BRAKES Shimano BR-R561
TIRE Vittoria Zaffiro 700Cx25C
SPEED 11 speed
OTHER ペダルなし
COLORS CK16/Black Full Glossy, Black/CK16 Full Glossy

「SPRINT」

フレーム・フォークともにカーボンのベンチマークモデルのカーボンロードです。
¥228,000(税抜)

SIZE 44,47,50,53,55,57cm
WEIGHT
FRAME Carbon BB Press Fit 86,5 x 41
FORK Carbon 1.1/8″-1.4″
DRIVETRAIN Shimano 105
CRANK SET Shimano FC-RS510 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
BRAKES Shimano 105
TIRE Vittoria Zaffiro Pro Slick 700x25C
SPEED 11 speed
OTHER ペダルなし
COLORS CK16/Black Full Glossy, Black/CK16 Full Glossy

「Oltre XR3」

「Countervail®(カウンターヴェイル)」を採用しているエントリーしやすい価格のカーボンロードです。
¥335,000(税抜)

SIZE 47,50,53,55,57cm
WEIGHT
FRAME Carbon w/Countervail BB PressFit 86,5×41
FORK Carbon w/Countervail 1.1/8″-1.5″
DRIVETRAIN Shimano 105
CRANK SET Shimano 105 52/36T 165/170/170/170/172.5mm
BRAKES Shimano 105
TIRE Vittoria Rubino IV 700x25C
SPEED 11 speed
OTHER ペダルなし
COLORS CK16/Black Full Glossy, Black/Graphite Full Glossy

初心者がビアンキのロードバイクを選ぶ時のポイント

初心者でもエントリーしやすい価格帯のアルミロードバイク「VIA NIRONE 7」か、カーボンロード「INTENSO」のどちらかがおすすめです。

自分のライディングスタイルをまず決定して、それにあったロードバイクを購入しておけば、最初はお金がかかるかもしれませんが、結果的に買い替えが必要ないので、余計な出費を抑えることができます。

コンポーネント

上記で紹介しているビアンキのロードバイクは、シマノ105のコンポーネントです。

コンポーネントにSORAを使ったのモデルもあり、そちらは価格がさらに安くなります。

ただし、レース参加を予定しているなら、シマノの105以上がおすすめです。

初心者のビアンキロードバイクの活用シーン

紹介したロードバイクは、どれも「街乗り」に利用できます。また、コンポーネントも「Shimano 105」なのでレースに十分参加できるロードバイクです。

ビアンキロードバイクのショップ

ビアンキには、日本で展開している専用のショップ「ビアンキ・ストア」があります。もし近くにある場合は、お店でサイズなどを確認しましょう。

テストライドや試乗会イベントを開催しているほか、ビアンキのロードバイクを安く購入できるキャンペーンをやっているショップもあります。

まとめ

ビアンキのカーボンフレームのロードバイクは初心者が購入するには、やや高めの価格です。ただし、キャンペーンなどを利用すれば安く購入できる場合もあります。

予算的にカーボンロードがむつかしい場合はアルミロードもおすすめです。

以上、初心者におすすめのロードバイク、ビアンキについての説明でした。ビアンキのロードバイクを購入する時の参考にしてください。

画像出典:ビアンキ