のっていない人に伝えたい自転車の魅力3つ

自転車の魅力は、のっている人にはわかりますが、のっていない人には、なかなか理解できない部分があります。のっていない人にとっては、自転車は人力なので疲れるだけで何がよいのか分からないかもしれません。

そこで、自転車にのっていないと分からない自転車の3つの魅力を紹介します。

自転車の魅力その1・自転車は速い

自転車の魅力は、とにもかくにも速いことです。

もちろん、自動車やバイクなどに比べると遅いのですが、それでも歩いたり走ったりするよりも遥かに速く、楽に移動できます。

特にロードバイクなどのスピードに特化して作られた自転車なら、下り坂なら時速100km以上を出すこともできます。ジロデイタリアやツールドフランスなどでは平均時速が40kmだったりします。

これはあくまでプロの速度ですが、一般の人でも平地で時速30kmくらいではしることは可能です。これくらいのスピードであれば、それほど怖くありませんし、歩くよりももっと速く、もっと遠くに移動することができます。

自転車の魅力その2・自転車は運動不足解消に役立つ

自転車は、運動不足解消に役立ちます。

メタボ予防・解消をはじめとする健康増進効果が期待できるのは、自転車も一つの運動なので分かると思います。普通、運動するという走ったりして脂肪を燃焼というイメージが強いのですが、しょっぱなから、ハードな運動をすると体やひざ関節などにも負荷がかかってしまいます。

しかし、自転車の場合は、体に大きな負担(ハードなトレーニングをすればかかります)がかかることがないため、比較的長く楽に有酸素運動を行うことができます。また、魅力1で伝えた速く遠くいくことができるため、運動しないといけないというよりは、いろんなところに行くことを目的に運動することができるので、精神的にやらなきゃいけないという縛りから解放されます。

自転車の魅力その3・自転車はエコ

自転車の魅力の最後のひとつは、自転車はエコであるということです。

自動車などと比較して、移動距離あたりに必要とするエネルギーが少なく、有毒な排出ガスも発生しません。大気汚染や地球温暖化問題が言われる中、環境への負荷の少ない移動手段として、自転車通勤や自転車通学の手段として見直されています。

また、自動車税など、持っているだけでかかる維持費というものがありません。

自転車もメンテナンスは必要です。整備不良で事故を起こしてしまうと逆にお金がかかってしまいます。しかし、メンテナンスも自分ででき、道具があれば簡単にできます。

その他の魅力

「かっこいい!」というのもあります。自転車の見た目だったり、もしかしたら、鍛え上げられた血管が浮き出た脚をかっこいいと思うかもしれない。

また、一人でもみんなでも楽しいポタリングをしたり、ちょっと運動しながら、どこかにおいしいものを食べにいくとか、楽しみ方や魅力は人それぞれ違う。是非、自転車で自分がこれだと思う魅力をみつけてほしい。

ポタリングは、サイクリングのタイプの一つでで、ゆっくり呼吸ができる程度の速度でライディングする有酸素運動のサイクリングです。