フィニッシュライン(FINISH LINE)のチェーンオイルの違いについて

チェーンオイルは、チェーンルブともいい、潤滑油のことです。

チェーンオイルを使うことで、摩耗を回避し、パーツをよりスムーズに動かすことができるようになり、パーツの寿命も延ばすことができます。

チェーンオイルの注油は、100~200kmくらいが目安です。耐久性があるものに関しては、200~300kmでもよいかもしれませんが、チェーンがギシギシしたり、シャリシャリ音する場合は、まず、きれいにチェーンを洗浄して注油しましょう。

チェーンオイルでよくみかけるのは「フィニッシュライン(FINISH LINE)」のチェーンルブだと思います。
いくつか種類があるので、どれをつかったらよいのか迷った場合、下記を参考にしてください。

ドライタイプ

赤いキャップに大きく「DRY」と書かれているのは、「フィニッシュライン ドライバイクルブリカント(Dry Bike Lubricant)」。
優れた浸透性と潤滑性を持っつ万能タイプ。ドライタイプなので、チェーンやパーツにウェット感や粘りを残さないので泥や汚れが付着しにくくなっています。

ウェットタイプ

緑のキャップに大きく「WET」と書かれているのは、「フィニッシュライン ウェットバイクルブリカント(Wet Bike Lubricant)」。
特徴は、水や泥に強く、優れた潤滑性、耐久性を持つウェットタイプ。オイル自体もWETというだけあって、粘度があり乾きにくく耐久性があります。その代わり、汚れが付きやすくなるというデメリットもあります。

ワックスタイプ

シルバーのキャップに大きく「WAX」と書かれているのは、「フィニッシュライン ワックスバイクルブリカント(Wax Bike Lubricant)」。
特徴は、ワックスで表面をコーティングし、それが汚れとともに少しずつ落ちます。すぐに乾いた膜ができるドライタイプ。

セラミックタイプ

ゴールドのキャップに大きく「CERAMIC」と書かれているものは2種類あります。

一つは、「フィニッシュライン セラミックウェットチェーンルーブ(Ceramic Wet Chain Lube)」。
極小セラミック粒子が、摩擦表面にセラミックコーティングを作り、ワックス膜は使用する度にコーティングが強化されます。主な用途は、レースや長距離ライディングです。

もう一つは、「フィニッシュライン セラミックワックスチェーンルーブ(Ceramic Wax Chain Lube)」。
上と同じくセラミックタイプですが、違いは、ワックスがドライタイプのため、すぐに乾燥します。チェーンやパーツにウェット感や粘りを残さず、泥や汚れが付着しにくくなっています。ほこりの多いコンディションに適しています。

迷ったら、まずは、赤いキャップの「フィニッシュライン ドライバイクルブリカント(Dry Bike Lubricant)」を購入してみましょう。