USA CyclingがKelly Catlinを称える基金を創設

USA Cyclingは、2019年3月8日に亡くなったKelly Catlinの人生と遺産を称えた基金を創設し、集められた資金は、Catlin家と相談した後、必要なプログラムやサービスに利用すると発表しました。

Kelly Catlinは、亡くなった時、スタンフォード大学で計算数理工学の修士の取得を目指していました。
2016年に女子トラックチームの一員となり、3回の世界選手権で優勝しました。リオオリンピックでは、銀メダルを獲得し、2017年および2018年のUCIトラック世界選手権個人パシュートでも銅メダルを獲得しています。また、UHC 女子プロサイクリングチームのメンバーでもありました。

参考:USA Cycling