初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

クラシックレース最高峰、Tour of Flandres(ツアー・オブ・フランダース)の2019年優勝者は?

「Tour of Flandres(ツアー・オブ・フランダース)」は、ベルギーのフランデレン地域で開催されるUCI WorldTour(ワールドツアー)のクラシックレースの一つです。

しかし、ただのクラシックレース(ワンデイレース)ではなく、古い歴史のある格式の高いレースとして「モニュメント」と呼ばれ、「北のクラシック」や「クラシックの王様」などとも言われています。

そのため、「ツアー・オブ・フランダース」を走る選手にとって、優勝することはとても名誉なことであり、是が非でも優勝したいレースです。

海外メディアでは、主に「Tour of Flandres(ツアー・オブ・フランダース)」と表記されますが、日本では別の呼び名で紹介されています。

日本では「Flandres」の呼び名(表記)が複数あり、英語由来の「フランダース」、オランダ語由来の「フランデレン」「フランデルン」「フラーンデーレン」、ドイツ語由来の「フランダーン」「フランデアン」などがありますが、オランダ語の「ロンド・ファン・フラーンデレン(Ronde van Vlaanderen)」や「ツール・デ・フランドル(Tour des Flandres)」と呼ばれています。

2019年は、4月7日に開催されAntwerpen(アントワープ)をスタートし、Oudenaarde(アウデナールデ)までの270.1kmを戦いました。

急こう配の上り、石畳、狭い道路などが盛り込まれたコースで、クラッシュが起きると、後方でのリスタートには時間がかかるため、できるだけ先頭でレースをするのが得策とされています。

今年のレースでは、2018年のチャンピオンのNiki Terpstra選手が連覇をかけて挑みましたが、160km付近でクラッシュに巻き込まれ、脳震盪で病院に運ばれてしまいました。

そんな中、優勝したのは、EF Education Firstのイタリア人ライダー、Alberto Bettiol選手でした。

Oude Kwaremontでのアタックに誰もついてくることができず、残りの約16kmをソロで走りゴールしました。

2位は、「Deceuninck–Quick Step」のKasper Asgreen選手、3位は、「UAE team Emirates」のAlexander Kristoff選手となっています。

参考:rondevanvlaanderen
出典:https://www.rondevanvlaanderen.be/(画像)