初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

2019年のパリ~ルーベ(Paris~Roubaix)、29の石畳コースが含まれる

パリ~ルーベ(Paris~Roubaix)は、UCI WorldTourの一つで、4月中旬に行われるクラシックレース(ワンデイレース)です。

>>>2019年、パリ~ルーベの結果、サガンの連覇は?

ツアー・オブ・フランデールと同等の格式あるレースの一つで、ツアー・オブ・フランデールの「クラシックの王様」に対して、パリ~ルーベは「クラシックの女王」とも呼ばれています。

2019年は、4月14日に117回目が開催され、コンピエーニュからルーベまで257kmを走ります。コースは、29区間の石畳(パヴェ:Pave)が含まれ、その総距離は54.5kmにもおよびます。

そして、「長さ」「玉石の不均一性」「セクターの全体的な状態とその位置」に基づいた評価で、5つ星の評価を得たコースは、Trouéed’Arenberg(164.5kmからの2.3km区間)、Mons-en-Pévèle(212kmからの3km区間)、Carrefour de l’Arbre(242.5kmからの2.1km区間)の3か所となっています。

毎年、必ずパンクやクラッシュがおきるハードな自転車レースで、2018年は、ペーター・サガン(Peter Sagan)が優勝しています。

参考:paris-roubaix