台風19号、2020自転車ロードレースコースで土砂崩れが発生、復旧のめど立たず

17日、神奈川県相模原市は、台風19号に伴う大雨の影響で、2020年東京オリンピックの自転車ロードレースコースで利用する国道413号で、複数の土砂崩れが発生していることを明らかにした。

市によると、土砂崩れは413号で8ヵ所確認されており、ロードレースのコースとしては約30キロのうち約14キロの区間が通行止めとなっている。

復旧のめどは立っておらず、早期の完全復旧は難しいとみられている。

市の担当者は「今後の対応は大会組織委員会と相談することになる」と話しているという。

参考:相模原市