初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

Marcel Kittel(マルセル・キッテル)がカチューシャ・アルペシンとの契約を終了

Marcel Kittel(マルセル・キッテル)がTEAM KATUSHA ALPECIN(チーム・カチューシャ・アルペシン)との契約を終了すると発表しました。

私の要望で、TEAM KATUSHA ALPECINと私は、現在の契約を早期に終了することを決めました。

それは私にとって長い期間を要した決断でした。私がどのように、どこへ、人やアスリートとして行きたいのか、そして私にとって本当に重要なことはなんなのかについて多くの質問をしました。

私はサイクリングが大好きで、この美しいスポーツに対する情熱は絶対になくなりませんが、何が私に求められており、成功するために何をすべきかも知っていました。

私は誰もが長所と短所を持っていると信じています。そして、それらは、チームを強く、成功するための継続的なプロセスです。

最後の2ヶ月は疲れ果てました。現時点では、最高レベルでのトレーニングとレースができません。

このような理由から、私は休憩を取って自分自身のために時間をかけ、自分の目標について考え、そして将来の計画を立てることにしました。

と述べ、スタッフに心から感謝し、彼らの情念に対して勝利や結果で答えられなかったことを謝罪しています。最後に、

将来また自転車に乗ってレースをしたいと思っており、この目標を達成できるように計画を立てる必要があります。これは私のキャリアにとって最大の課題であり、私はそれを受け入れています。

と述べています。

ゼネラルマネージャーのJosé Azevedo氏は、

マルセルの決断を受け入れ、彼がチームとレースから離れてしまうのはさびしいことです。私たちはマルセルの状況を理解しており、この困難な時期に彼を全面的にサポートします。

と述べ、彼がチャンピオンとしてレースに復帰することを願っているとコメントしました。

キッテルは、ツール・ド・フランスのステージ14で優勝して以降、同様の活躍ができず、2018年は2勝しかできませんでした。チームは危機会議を計画して議論すると述べていました。

また、チームのスポーツディレクターであるDimitri Konyshev氏が、「我々は彼にたくさんのお金を使うが、彼が興味あるのは自分のことだけだ」と話し波紋を呼んでいました。

参考:TEAM KATUSHA ALPECIN