Giro d’italia(ジロ・デ・イタリア2019)ステージ1~3ハイライト【動画】

5月11日から開幕している「ジロ・デ・イタリア 2019」。

日本では、スポーツコンテンツを配信している有料チャンネルDAZN(ダゾーン)でみることができますが、加入していない人はYoutubeでハイライトだけでも確認できます。

ステージ1~3を紹介。

ジロ・デ・イタリア 2019 ステージ1ハイライト動画

ステージ1は、ボローニャで8.0kmの個人タイムトライアル。

優勝したのは、Roglic Primoz(TEAM JUMBO – VISMA)。一人だけ13分を切る12分54秒でフィニッシュしています。

2位には、ジロの連覇を狙うYates Simon Philip(MITCHELTON – SCOTT)、3位はNibali Vincenzo(BAHRAIN – MERIDA)。

ジロ・デ・イタリア 2019 ステージ2ハイライト動画

ステージ2は、丘陵地帯で途中トスカーナで雨に見舞われましたが、25歳のAckermann Pascal(BORA – HANSGROHE)が、スプリントを制して優勝しました。ステージレースでは初勝利を挙げています。

マリアローザは、初日にタイムトライアルを制したRoglic Primoz(TEAM JUMBO – VISMA)でした。個人総合の2位は、Yates Simon Philipでマリアローザ奪還までの差は、19秒となっています。

マリアローザとは、ジロ・デ・イタリアで個人総合タイム(合計タイム)が速い人に送られるジャージです。そのため、1つのステージで優勝したからといって、ジャージが着れるわけではありません。

ジロ・デ・イタリア 2019 ステージ3ハイライト動画

ステージ3は、ヴィンチからオルベテッロまで220kmのフラットなステージでした。序盤、初山翔(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)がソロエスケープしましたが、144km付近でプロトンに吸収されました。最後はスプリントを制したElia Viviani(Deceuninck – Quick-Step)が最初にゴールしましたが、違法なスプリントをしたとして降格処分となり、繰り上げでGaviria Rendon(UAE Team Emirates)が優勝となっています。

繰り上げ優勝したGaviria Rendonは、「Elia Vivianiは勝者に値する。ゴール前に曲線があるステージでは、選手同士が接触しないのは不可能」とインタビューで述べ、優勝したにも関わらず笑顔はありませんでした。

マリアローザはPrimoz Roglicがキープ。