初心者のための自転車ハウツーサイト ペダルチューン

センサー内蔵高級IoTロードバイク「ORBITREC」を10台限定で生産

株式会社Cerevoは、同社のスポーツ用品ブランド「XON(エックスオン)」の製品として、金属3Dプリンターで出力し、センサー内蔵の高級IoTロードバイク「ORBITREC(オービトレック)」を10台限定で生産すると発表しました。

価格は、採寸・納車時の渡航滞在費など込みで1,500万円(14万USドル)。

オービトレックは、Triple Bottom Line、DMM.make AKIBA、ABBALabが共同で開発したロードバイクフレームのコンセプトモデル「DFM01」を発展させた製品です。
チタン焼結型3Dプリント技術とカーボンファイバーチューブを組み合わせ軽量フレームで、体を採寸して、完全オーダーメイドで作成します。

フレームのダウンチューブに各種センサーを内蔵し、同社のスマートフォン連携サイクルデバイス「RIDE-1(ライド・ワン)」などから収集したデータを解析できる専用サーバーを開発し、ライディングが楽しくなるように情報をフィードバックします。

センサーは9軸センサー(加速度・角速度・地磁気)、温度、気圧、照度、GPSを搭載。
BluetoothとANT+を搭載しており、既存のANT+対応センサーのデータを記録しながら、スマートフォンと連携することも可能。

充電方法は、Micro USB経由で、駆動時間は、15時間です。

「Consumer Electronics Show」のCerevoブースで乗車体験とサイクリングデータをリアルタイムに確認できます。正式な受注開始は2019年内を予定。

「CES 2019」:2019年 1月8日~1月11日(米国時間)

参考:Cerevo