2020年のジロ・デ・イタリア(Giro d’Italia)、延期を発表

公式サイトでコロナウイルスの影響により、ハンガリー政府が非常事態を宣言を行い大規模なイベントの開催が禁止されたのを受け、主催であるRCS Sportは、国内・国際的な状況を踏まえて、2020年のジ・ロ・デイタリア(Giro d’Italia)の開催延期を発表しました。

ジロ・デ・イタリアのハンガリーステージ組織委員会は、ハンガリー政府が大規模なイベント開催を禁止したため、当初予定していたジロのハンガリーでの開始はできないと宣言し、開催延期が発表されました。後日ハンガリーでスタートできるようにすべての関係者が協力するとのこと。

新しい日程は、イタリア政府、地方および領土当局、イタリアおよび国際スポーツ機関代表者と協議した後に、4月3日までに発表されます。

直近では、モニュメントの一つである「ミラノ~サンレモ(Milano-Sanremo)」が同じくコロナの影響で開催延期を発表し、UCIに新しい日程調整を依頼しています。

同じくモニュメントの一つである「ロンド・ファン・フラーンデレン(Ronde van Vlaanderen/Tour des Flandres)」はまだ延期や中止について発表していません。

しかし、同じくベルギー開催予定でプロモーションでなにかと話題になる「E3 BinckBank Classic」はベルギー政府のイベント開催禁止に伴い、中止を発表していることから、ロンド・ファン・フラーンデレンの開催も延期または中止となる可能性があります。

<2019年UCIがプロモーションについて警告>
E3 BinckBank Classicのプロモーションに対してUCIが遺憾の意を表明