GARMIN(ガーミン)eTrex22x・32xとeTrex Touch25J・35Jの違い

eTrex22x、32x、25J、35Jの違い

GARMIN(ガーミン)は2020年2月6日に携帯GPSの新モデル「eTrex22x」と「eTrex32x」がリリースされましたが、タッチパネル操作ができる「eTrex Touch 25J」と「eTrex Touch 35J」もあります。

新モデルのeTrex22x・32xとタッチパネルのeTrex Touch 25J・35Jではどこが違うのか、それぞれのモデルを比較して違いを紹介します。

通常のeTrexモデルとタッチモデルのeTrex Touchの違い

通常モデルとタッチモデルの違いはどこなのかを、通常モデルの「eTrex22x」とタッチパネルモデルの「eTrex Touch 25J」を比較して紹介します。

通常モデル
eTrex22x
タッチパネルモデル
eTrex Touch 25J
価格 44,800円(税別) 54,800円(税別)
本体サイズ 5.4 x 10.3 x 3.3 cm 5.8 x 10.2 x 3.3 cm
ディスプレイ 3.5 x 4.4 cm(2.2インチ) 3.6 x 5.5 cm(2.6インチ)
解像度 240 x 320 ピクセル 160 x 240 ピクセル
重量 148g 159g
バッテリー 約25時間(単3乾電池x2) 約16時間(単3乾電池x2)
防水機能 IPX7 IPX7
ルート 200 200
ウェイポイント 2000 4000
トラック 10000ポイント、200保存ログ 10000ポイント、200保存ログ
自動ルート計算
内部メモリー 8.0GB 8.0GB
測位性能 GPS/GLONASS/みちびき補完 GPS/GLONASS/みちびき補完
コンパス 〇(3軸電子コンパス)

表から、防水性能、測位性能、内部メモリーなど基本的な性能に違いはないのが分かります。

違う点としては、eTrex Touch 25Jでは、タッチ操作がしやすいようにディスプレイが2.6インチになっており、その分、本体サイズが大きくなり重量も増している点です。

また、ウェイポイント(地図上の特定の地点)の登録数もeTrex Touch 25Jの方が2000ほど多く、電子コンパスがついている点も通常モデルと違います。

一方、バッテリーの寿命は、通常モデルが25時間なのに対して、タッチモデルは16時間となっており、9時間も少なくなっているのがデメリットです。

タッチモデルのeTrex Touch25Jと35Jの違い

続いてeTrex Touch25Jと35Jの違いについて比較して違いを紹介します。

eTrex Touch25J eTrex Touch35J
価格 59,800円(税別) 64,800円(税別)
本体サイズ 5.8 x 10.2 x 3.3 cm 5.8 x 10.2 x 3.3 cm
ディスプレイ 3.6 x 5.5 cm(2.6インチ) 3.6 x 5.5 cm(2.6インチ)
解像度 160 x 240ピクセル 160 x 240ピクセル
重量 159g 159g
バッテリー 最長約16時間(単3乾電池x2) 最長約16時間(単3乾電池x2)
防水機能 IPX7 IPX7
ルート 200 200
ウェイポイント 4000 4000
トラック 10000ポイント、200保存ログ 10000ポイント、200保存ログ
自動ルート計算
内部メモリー 8.0GB 8.0GB
測位性能 GPS/GLONASS/みちびき補完 GPS/GLONASS/みちびき補完
気圧高度計
コンパス 〇(3軸電子コンパス) 〇(3軸電子コンパス)
ユニット間通信 ワイヤレス接続(ANT+)
その他 ・スマート通知
・ライブトラッキング

eTrex Touch25JとeTrex Touch35Jの違いは、「気圧高度計」とその他オプション的な機能です。

eTrex Touch35Jは、ユニット間通信でワイヤレス接続が利用でき、ガーミンの対応機器(アクションカメラ「VIRB」)などと接続できます。Bluetooth機能ではありません。

また、eTrex Touch35Jには、互換スマートフォンからテキスト、メールなどの通知を確認できる「スマート通知機能」やリアルタイムに行動が追跡できる「ライブトラック」があります。

GARMIN(ガーミン)eTrex22x・32xとeTrex Touch25J・35Jの違いまとめ

GARMIN(ガーミン)eTrex22x・32x、eTrex Touch25J・35Jの違いをまとめると、防水性能、内部メモリー、測位性能は同じです。

eTrex22x・32xは、タッチモデルに比べてバッテリーが長持ちする点は有利です。一方、eTrex Touch25J・35Jは、ウェイポイントが多く追加できたり、画面がやや大きい点はメリットといえます。

もし、ブルべで利用するのであれば、従来モデルの方がバッテリーが長持ちする上、価格もタッチモデルよりも安くておすすめです。