購入ガイド

Bianchi INTENSO(ビアンキ インテンソ)2021モデルはある?

ビアンキ インテンソ(Bianchi INTENSO)は、初心者にもおすすめのカーボンロードバイクですが2021年モデルの販売はありません。

ビアンキ インテンソは、2020年モデルのエンデュランスモデルで販売終了となっており、2021年エンデュランスモデルはインフィニート(INFINITO)とビア・ニローネ7(VIA NIRONE 7)の2モデルです。

インテンソは終売となっているので、残りは販売店の在庫のみとなります。

そこでインテンソと同程度のロードバイクはあるか、他のビアンキロードバイクで代替できるのかを紹介します。

ビアンキ インテンソ2020と同程度のロードバイクは?

「インテンソ2020」は、衝撃を受けるフロントフォークに「K-VIDテクノロジー」を採用したカーボンロードです。

エンデュランスモデルのためハンドルの位置が少し高めになっており、姿勢が起きてリラックスした姿勢でロングライドを楽しむことができます。

同じエンデュランスモデルで比較

同じエンデュランスモデルには、「インフィニート(INFINITO)」と「ビア・ニローネ7(VIA NIRONE 7)」があります。「ビア・ニローネ7」はアルミフレームなので、カーボンフレームがよい場合は選択肢は「インフィニート」になります。

「ビア・ニローネ7」

「ビア・ニローネ7」は、フレームはアルミですが、フロントフォークには「FULL CARBON KVID 1.1/8"」を採用しているので、フロントフォークで振動吸収ができます。

「K-VID(KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE)」は、カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収するとともに、路面との接地感を向上させる技術です。
※ケブラー(kevlar)は、高強度・高耐熱性を持ち、同じ重さの鋼鉄と比べて5倍の強度がある芳香族ポリアミド系樹脂です。

「インフィニート」

「インフィニート」には「CV」と「XE」があります。違いは「CV」は「Countervail®(カウンターヴェイル)」をフレームとフロントフォークの両方に採用しています。「XE」にCVを採用している箇所はありませんが、フルカーボンフレームのロードバイクです。

「Countervail®(カウンターヴェイル)」は、独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持ち、フレームやフォークの剛性と強度を向上させながらも最大80%の振動を除去することができる素材です。

「インフィニート」の場合は、INFINITO XE(SHIMANO 105 DISC)でも価格が30万を超えて「305,800円(税込)」になってしまいます。

価格で同程度のモデル

「インテンソ2020」の価格は218,000円(税抜)だったので、2021年モデルで価格が近いモデルはROADモデルの「スプリント(SPRINT)」になります。

「スプリント2021」の価格は206,800円(税込)なので、かなり近い価格です。

エンデュランスモデルからは外れてしまいますが、フレームもフロントフォークもカーボンなのでアルミよりも振動吸収性があります。

初心者で「インフィニート」では予算オーバーだという人は、ROADモデルの「SPRINT」も候補にしてもよいと思います。

ただし、ROADモデルなのでジオメトリーもレース用になっています。必要に応じてパーツを使ってエンデュランス用にカスタマイズが必要です。



-購入ガイド
-

© 2021 PDTUNE(ペダルチューン)