ロードバイク(自転車)の海外通販のメリット・デメリット

円高になるとロードバイク(自転車)の海外通販はかなりお得になります。

通常の場合でも、基本的にロードバイク(自転車)の海外通販は安いのですが、さらに安く購入することができます。

ロードバイク(自転車)の海外通販についてどのようなメリット、デメリットがあるのかを紹介します。

ロードバイク(自転車)の海外通販のメリット

ロードバイク(自転車)の海外通販には、「価格」と「海外でしか販売していないものがある」という2つの大きなメリットがあります。

海外通販だと価格が安い

海外通販の魅力の一つは、まずは価格です。

日本のショップでも海外ブランドのロードバイクを販売していますが、割高な場合があります。

ショップで販売する場合は、関税などもかかるため高くなってしまいます。

一方、個人で海外通販で購入する場合は、ロードバイク本体なら関税がかかりません。そのため、ショップで購入するよりも安く購入できる場合があります。

ただし、ロードバイク本体の場合は、関税はかかりませんが、消費税がかかるので注意が必要です。

海外通販でしか購入できない商品がある

もう一つの魅力は、海外でしか販売していないものを購入できます。

品質などについては、未知数な部分もありますが、日本では誰ものっていないロードバイク(自転車)に、自分だけのることができるのも魅力の一つです。

ロードバイク(自転車)の海外通販のデメリット

上記のような魅力的なメリットがある海外通販ですが、もちろんデメリットもあります。

やりとり・トラブル・返品・返金などは基本的に全て英語

Wiggleなど、日本語OKなところもありますが、日本語に対応していないところもあります。

Google翻訳で自分の言いたいことを翻訳して送信もできますが、翻訳が完全でない場合もあるので、ある程度の英語の知識は必要です。

トラブル、返品、返金などが発生した場合も、英語で対応しなければいけないので、かなり大変です。

ちゃんと商品が発送され届くのか不安になる

商品を購入して発送に至るまでは、やはり不安になります。

そのため、Google検索などで体験談がでてくるサイトから、商品を購入するようにしましょう。

検索してもでてこないけど、日本への発送がOKな海外通販サイトの場合、人柱になる覚悟が必要です。

ただし、明らかに詐欺サイトとわかるサイトもあるので、注意しましょう。

詐欺サイトから購入しないようにするため方法
ショップの選び方についてはこちら

保証は基本的に日本では使えない

海外通販の場合は、保証があったとしても、基本的には日本で使える保証ではありません。

買ったところで保証してもらうしかないのですが、海外通販の場合は、送り返す必要がでてきます。送料がかかったり、梱包などにも手間がかかります。

また、初期の組み立てなども基本的には自分で行う必要があります。

ただし、「あさひ自転車」などの自転車量販店に持ち込むと、費用はかかりますが、組み立ててもらうことができます。ローカルショップは微妙な対応です。

以上のことを意識した上ですが、ある程度英語ができれば、海外通販はお得でそれほど難しいことではないのでおすすめです。

ロードバイクの海外通販
海外通販サイト一覧