トライアスロンとは

トライアスロンとは

トライアスロン(triathlon)は、水泳(スイム)・自転車(バイク)・マラソン(ラン)の3種目を、この順番で連続して行う競技です。

歴史

トライアスロンとは1974年、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで誕生しました。

サンディエゴ・トラッククラブのメンバーたちが、ラン4.5km、バイク8km、スイム0.4km、ラン3.2km、スイム0.4kmで最初のトライアスロン大会が開催されました。

その3年後、1977年、ハワイで、アメリカ海兵隊員達がパーティーの時に、「マラソン・遠泳・サイクルロードレースのどれが最も過酷か」という議論になり、「この際まとめてやってみよう」と、翌1978年、同地でアイアンマン・トライアスロンを行いました。
これがきっかけとなり、この時のレース距離スイム 3.8km・バイク180km・ラン42.195kmと制限時間17時間でのレースが、アイアンマン世界選手権(Ironman World Championship)へと発展し、現在、世界各地でハワイ本戦出場をかけた予選が開催されています。

国内では、1981年、鳥取県の皆生温泉で最初の大会が開かれました。1985年には、沖縄県宮古島、滋賀県びわ湖で長距離タイプ、熊本県天草では51.5kmの大会が開催され、トライアスロンが一躍脚光を浴びる年となりました。

種類

フルといわれるのが、アイアンマンです。
このほかにもウルトラトライアスロンという種目もあり、スイム:7.6 km/バイク:360km/ラン:84.4 kmで競技を行います。

名称 内容
スプリント スイム:750m/バイク:20km/ラン:5km
ショート(オリンピックディスタンス) スイム:1.5km/バイク:40km/ラン:10km
ハーフ スイム:1.9m/バイク:90km/ラン:21km
フル スイム:3.8m/バイク:180km/ラン:42.2km
このページ先頭へ