筋肉トレーニング

筋肉トレーニング

本来なら、自転車にのって必要な筋肉をつけていくことが一番ベストなのだが、はじめて自転車にのる人は、自転車用の筋肉が全くついていない。
そのため、筋肉トレーニングを行い、必要な筋肉をつけるのが望ましい。

速く、楽に、長時間走らせるためには「体幹の筋肉」を使う必要がです。「体幹の筋肉」は筋肉自体が太く、長く、パワーと持久力に富んでいるため、長時間安定して動かすことができ、疲労回復も早い。
下の表は、自転車で使う主な筋肉です。

名称 説明
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん) 上半身の姿勢をつくるために必要な筋肉。この筋肉が弱いと骨盤が倒れてしまい、腕や肩で体を支えなくてはならなくなるため、疲れやすい。
外腹斜筋(がいふくしゃきん) ペダリングの際に体の持ち上がりを抑え、上半身の安定を保つ。
中臀筋(ないでんきん) 骨盤の位置を正常な位置に補正してくる。
腸・腰筋(ちょうようきん) 大腿骨を引き上げてくれる。
内転筋群(ないてんきんぐん) 大腿骨と骨盤をつなぐ筋肉群。
大腿直筋(だいたいちょっきん) 大腿四頭筋の長で唯一骨盤につながっている。太ももの引き上げに活用する。
ハムストリングス 膝を曲げる機能と股関節を伸ばす機能があり、自転車で利用するのは股関節を伸ばす機能。
このページ先頭へ