トレーニングで気をつけるポイント

距離だけ重要視したトレーニングはNG

精神的に走ったという満足感が得られ、全く速くならないと言うわけではないが、時間の無駄づかいです。
それよりも、高強度のスピードトレーニングを週1か2はやりましょう。

長くゆっくり距離を走るだけはNG

ゆっくり走るだけでは、ゆっくり走ることしか身に付きません。
ゆっくり走るのではなく、安定した出力が保てるように、意識しましょう。サイクルコンピューターなどを利用して、平均速度や心拍数を管理することで、LSDのトレーニング効果があがります。

■ベーストレーニング:LSDで毛細血管、心肺機能をトレーニングしましょう。シーズン序盤では重要です。
■ポジションセッティング:長距離でも快適にライディングできるように設定しましょう。
■エネルギー補給:いつ、どのくらいエネルギー補給が必要か、自分で知っておくきましょう。

同じことだけ繰り返すだけはNG

同じ日に同じことを繰り返すのではなく、強度を変えたり、ロングライドにでかけたり、トレーニングに変化をつけましょう。

休息日をとらないのはNG

回復を行わずに、次の日もトレーニングを行ってしまいがちですが、1日くらいは完全オフの日を作りましょう。休息日を設けることで、またがんばろうという気にもなります。

自転車にしか乗らないのはNG

自転車に乗るだけでなく、クロストレーニングをすることで、効果がたかまります。ヨガやピラティス、筋肉トレーニングやプールで泳いだりするとよいでしょう。

参考:http://www.adventurecorps.com

このページ先頭へ