ケイデンス改善トレーニング①

ケイデンスを改善するトレーニングメニュー

ケイデンス90近辺が脚の疲れを防ぐことができる回転数です。通常のケイデンスよりも速い回転の練習をすることで効果がでてきます。

回数 時間 内容
1回 10分 ウォームアップ
3回 1分(右脚のみ)
1分(左脚のみ)
1分(両足で可能な限り高ケイデンス)
2分(リカバリー)
片脚ドリルインターバル
2回 2分(75rpm)
2分(80rpm)
2分(85rpm)
2分(90rpm)
2分(95rpm)
5分(リカバリー)
スピードかパワーは一定にする
例:27-29km/hか150watts
1回 10分 クールダウン

参考:triathlete.com

このページ先頭へ