サドルセッティング

サドルの高さ

自転車のセッティングで一番重要なのは、サドルの高さ。

【サドルが高すぎる】お尻が痛くなる。
サドルが高いため、ペダルの位置まで足が届かず、お尻を左右にずらしてペダルを踏むから。

【サドルが低すぎる】疲れやすい。
ペダルを踏む動作が、しゃがんだ状態状態から立ち上がるのににているため、ペダルと踏みつづけると脚が疲労してしまう。

サドルの高さ設定

サドルの高さは、ペダルを一番下(シートチューブと平行にして、一番遠くになるように設定)にしてサドルに座り、ペダルをかかとで踏んで、ひざが伸びきった状態でサドルの高さを設定する。
実際は、拇指球がペダルの部分にきて、ペダリングするので、ひざは少し曲がった状態になる。

サドル高の設定方法の簡易版としては、靴を脱いで立ち、サドル上面が腰骨の位置にくる高さにする。

サドルの高さは脚の長さに比例するため、計算式があり、
サドルの高さ=0.885×股下寸法
で求めることができる。

※股下寸法の計測方法は、靴を脱いで、ペダルを踏むのと同じ広さに足を開いて立ち、地面から股下までの高さを測る。股下に本などをはさむと計測しやすい。

サドルの前後位置

サドルは前よりも後ろにして、ペダルを前に踏むほうが効率がよい。
ペダルがクランクの真上にきた時でも前に踏むことができ、ペダルが真下にきた時は、引き上げる事ができる。
サドルが前過ぎると、ペダルをしたに向かって踏んだ時に反力で体が上に押し上げられ、浮いてしまう。

サドルの前後位置の設定

サドルの前後位置は、クランクを3時の位置にして、拇指球をペダルにのせ、ひざの皿の後ろから下ろした垂線が、ペダルシャフトの中心にくるようにする。
重りのついた糸をひざから垂らして確認すると分かりやすい。

もちろんサドルは水平にして、トップチューブと平行にして設定する。

このページ先頭へ