マナー

車道を走る時の注意

自転車は、道路交通法上、軽車両に分類され、原則として車道の左端を走ることになっています。
路肩を走るのではなく、白線の内側当たりを走行した方が、自動車の幅寄せなどがあった場合に逃げ場ができます。

信号は、守らなければいけません。また、交差点では、左折車に巻き込まれないように、自動車の左について入らないように注意しましょう。
対向車が、右折しようとしていた場合は、相手の動きをよく見て、すぐにとまれるような意識を持つことも必要です。

大型トラックには近づかないこと。運転席からの死角が多いため、巻き込まれしまうことがあります。

停車している車やバスなどを抜く時は、後方からの自動車に注意すること。

路地から飛び出してくる自動車もあるので、左右の確認やカーブミラーのチェックなどで事前に回避しよう。

遊歩道を走る時の注意

歩行者や他の自転車は、後方確認せずに急に進路を変えたり、止まったりするので、スピードに注意してゆっくり走ることが必要です。

安全に走るためには

まずは、ヘルメットの装着や、夜間はハブダイナモ、リヤライト、リフレクターを自転車にトレつけよう。
また、手信号で、自分がどちらに進むかを事前に知らせることで、事故の発生を抑えることもできます。
安全は他人任せにせずに、自分の身は自分で守るようにしよう!

このページ先頭へ