下り坂

下り坂

自分がコントロールできるスピードで走る。
スピードが増すと路面からの振動が増すため、ペダルを水平にして、ひざで吸収する。
ハンドルから伝わる振動は、ひじで吸収する。
サドルの後方に座り、重心を低くし空気抵抗を少なくする。
ブレーキをかけるときは、前ブレーキだけ強くかけると前輪がロックしてしまうので、ブレーキは後ろからかけ、つづいて前ブレーキをかける。
視線は遠くを見て、危険回避に備える。

このページ先頭へ