フレーム選び

身長から選ぶフレームサイズ

身長から選ぶ時のロードバイクのフレームサイズの目安です。フレームサイズは、自転車や自分の体のサイズによって異なるので注意してください。

身長 フレームサイズ(サイズ)
148 - 152cm 47 - 48cm (XXS)
152 - 160cm 49 - 50cm (XS)
160 - 168cm 51 - 53cm (S)
168 - 175cm 54 - 55cm (M)
175 - 183cm 56 - 58cm (L)
183 - 191cm 58 - 60cm (XL)
191 - 198cm 61 - 63cm (XXL)

サイズを選ぶ

フレームサイズ基本は、身長からある程度のフレームサイズを選ぶことができます。
小さめのフレームは、空気抵抗を抑えられ、低いハンドルセッティングができるため、レースに向いている。
大きめのフレームは、レースハンドルセッティングがしやすく、衝撃吸収性や操縦安定性が増すため、ロングライドに向いている。

ペダルを2時の角度に設定し、下ハンドルを持った状態で、膝と肘の距離が、くっつくかくっつかないかの状態であれば、問題ありません。
デフォルトのセッティングのままでは、上記のような状態にならない場合があるので、程度正しいセッティングにしてから試し乗りしましょう。
最終的には、ショップにいって、自転車にまたがってサイズを確かめましょう。ショップで店員さんに、またがった状態をチェックしてもらい、アドバイスをもらうのもよいです。

フレームの素材

フレームには、主に3種類の素材があります。
それぞれに特徴があるので、自分にあうフレームを選ぼう。

クロモリ カーボン アルミ
主な成分 クロムモリブデン鋼、鉄 炭素繊維 アルミニウム
価格 安い 高い 安い
乗り心地 振動吸収性が高い
耐久性が高い
振動吸収性が高い
耐久性が高い
振動吸収性がやや低い
耐久性がクロモリ、チタンよりもやや低い
重さ 重い 軽い 軽い
その他 初心者がはじめて乗るのに適している。 運用や保守に高度な専門知識が必要。 クロモリよりも硬いためペダリングスキルが必要。
このページ先頭へ