FAQ

AT値とはなんですか?

AT値とは有酸素運動(脂肪を使う)から、無酸素運動(糖質を使う)への切り替えポイント(境界線)のことを指します。
AT値は、無酸素性作業閾値(むさんそせいさぎょういきち)ともいいます。

LT値と同じ意味で使う事ができます。

12/07/09追加



このページ先頭へ