FAQ

LT値とはなんですか?

LT値とは、血中の乳酸が出始めるポイント(境界線)です。
LT値は、乳酸閾値(にゅうさんいきち)ともいいます。

この値を境に、有酸素エネルギー代謝(脂肪を燃焼)から、無酸素エネルギー代謝(筋肉中の糖質を使う)に変わるため、長時間運動を持続できなくなります。

血中の乳酸値がだいたい4mmol/lを超えるあたりで、採血テストをすることで、正確な値を測定できます。

心拍数を使ったトレーニングを行う事で、目には見えないLT値をあげるトレーニングができます。
LT値は、さらにLT1とLT2にわけて、
LT1は、乳酸値が上昇し始めるポイント、LT2は、乳酸値が急激に上昇し始めるポイントとしています。

12/07/09追加



このページ先頭へ